主に北海道の廃墟と歴史民俗事象を中心に探索撮影しています。(半ば自分用の備忘録も兼ねています) 
重要↓
当サイトでは主に廃墟と墓地を中心に扱っておりますが、どちらも郷土史研究、または美術性、雰囲気を楽しむものとしてまとめているもので、オカルトもしくは肝試しと言った目的意味合いを一切持っておりません。閲覧の際はご了承下さい。
また、文章や画像の無断転載はおやめください。


【2018年、最近のお知らせ】
・1/1 コミケ終わってたったの1日、というよか正月元日から2018年廃初め。ダメだこいつ早く何とかしないと…
・1/25 ここに書いてあった2017年の活動をまとめました。こちらからどうぞ。
http://hanatare-ruins.doorblog.jp/archives/51961456.html
・2/9 3連休が4連休になったので、西日本廃墟遠征。大戦果である。
・3/10 無理矢理休みをもぎ取り、東京大阪四国廃墟遠征。
・4/20 春の廃墟遠征 栃木静岡長野の旅。
・5/3 春の廃墟遠征その2 逆桜前線

C93、冬コミ新刊『去り行けど褪せぬ日々』刊行のお知らせ&通販のお知らせ

 皆様、年末を如何お過ごしでしょうか。
 またしてもこの時期がやってまいりました。そう、冬コミの季節です。無事に参加決定&新刊が完成しておりますので、もう目と鼻の先のことになりますが、告知したいと思います。
 今回は文や歴史・経緯の解説はなしにして、写真のみにしぼった純粋な写真集を刊行しました。

  • 新刊情報
001

 新刊『去り行けど褪せぬ日々』
 日本全国約40か所以上の訪問物件から選りすぐりの写真を掲載したフルカラー写真集になります。

006

004

 北は北海道、南は中国・四国地方の廃墟写真が58PA5横に入れ込まれたたっぷりな内容です。

002

005

 今まで当サークルではずっと、廃墟研究・調査写真本として新刊を出してまいりましたが、たまにはこういった趣旨の本があってもいいかなという想いと、一度きちんとカラー校正の技術も習得したいという想いがこの本として形になりました。
 廃校、廃医院、廃旅館、廃鉱山、廃村、廃遊園地、廃役場など、幅広い廃墟から掲載しております。


  • その他、おしながき等
 当日はこの他にも、夏の新刊で尾去沢鉱山を特集した『Focusite No.02 旧尾去沢鉱山遺構群』、昨年冬の『Focusite No.01 旧和賀川発電所遺構群』、函館の近代建築系廃墟特集本『廃録 Vol.4』、羽幌炭砿とその周辺に広がる廃村、廃校をとりあげた『廃録 Vol.3』を既刊として持参します。
 特に『廃録 Vol.3』は在庫僅少で、今回持って行く分で最後になります。お求めの方はお早めにお願いいたします。
 以下にお品書きを置いておきますので、ご参照ください。

おしながき

 なお、いつものごとく会場限定のペーパーと、名刺も用意しております。そちらはご自由にお持ち帰りください。

 今回のサークルスペースは、東2ホールのO。通路が広い場所のお誕生日席になりました。お隣が廃墟写真系で最大手のサークルになりますので混雑すると思いますが、12月31日(日)は東2、O-30bにてお待ちしております。
無題番号



  • 通販は?
 さて、いつもの通販ですが、今回もCOMIC ZINさんにて委託販売&通販をしていただけることになりました。
 もし会場へ行けないけど欲しいという方がおりましたら、1月1日以降に製作されるリンクから通販にてご購入いただくか、アキバのCOMIC ZINで直接購入いただければ非常に幸福です。(貴重な遠征軍資金になります…)
 1月1日になりましたらここにリンクを置かせていただきます。
 追記)通販開始しました。こちらからどうぞ!
 
http://shop.comiczin.jp/products/detail.php?product_id=35097


 最後に、コミケカタログの個別ページも載せておきます。見本誌として中身もいくつか見られます。こちらもどうぞよろしくお願いいたします。 
→ https://webcatalog.circle.ms/Circle/13625315



 長々と書き連ねさせていただきましたが、年末にはなりますが、なにとぞ当サークルへお越し下さい。…待ってます。
 それではまた。 
 (最後に気が付いたけど、今年薄い本関係しかブログ更新してないですね… さすがにこれではいけない)

C92、夏コミ結果報告&通販開始のお知らせ

夏もそろそろ終わろうとしておりますが(北海道ではとっくに秋)、皆さまいかがお過ごしですか。
すっかり遅くなりましたが、8月14日の夏コミ2日目に出展させていただきました、当サークルの結果報告をさせていただきます。
 
最初に、会場へお越しいただいた方、差し入れをいただいた方、お隣さまやお世話になっております他サークルさま、本当にいつもいつもありがとうございます。励みになります。
今回は東5ホール。島中になるのは実に2年ぶりになりました。相変わらず廃墟系のサークルは固められず分散されてしまう傾向があり、島の力を発揮できないのが歯がゆいところ。

設営完了しましたの図
IMG_20170812_093027

前回から、事前にきちんと設営図を考え実際に組み立てて持ち込むようにしましたが、これはこれでまだ発展途上なディスプレイだと思います。歴史・評論系をかじってるとはいへ、写真系のサークルでもあるので、もう少し拘ってもいいかと思います。
…まあそれはおいといて、今回持ち込んだ本のラインナップは 
新刊の『Focusite No.02 旧尾去沢鉱山遺構群』:200部
既刊『Focusite No.01 旧和賀川発電所遺構群』:60部
既刊『廃録 Vol.4』:30部
既刊『廃録 Vol.3』:30部


夏なので全部は捌けないだろうなーと考えておりましたが、結果はそのとおり、新刊9割、既刊も同じく9割はけ、廃録 Vol.3はまたしても持ち込み分完売という面白いことになりました。
本当にいつもありがとうございます…。即売会に来るたび、定期的に本を出すということの意義ややる気を充電させてもらえるのは何よりの幸福です。
実は、冬に出す予定だった本の取材が微妙に足らず、このままではクオリティに不安が残るため、どうしようか考えていたところだったのですが(なのでペイパーでも次回予告をしてませんでした)、なんとか都合が付きそうなので、冬も変わらず頑張ろうと思います。
次巻は、今まで当サークルではやったことのない本を出すつもりです。なにとぞご期待をいただければと存じます…。


さて、最後に通販のお話です。
前の更新で追記しておきましたが、今回もCOMIC ZINさんから委託販売と通販を行ってます。
委託なので割高になってしまいますが、それでも良い!という方は利用していただけたら非常に幸福です。
↓から通販ページに飛べます。

ついでにサンプルものっけて置きますね。
a001

a002

a003

a004


最近2年はロクに廃墟更新をしておりませんが、ブログ冒頭のお知らせにもあるとおり、探索活動だけは活発にやっております。
還元をしない限りはやってないのも同然ですが、漸次こちらにも記事を投入していきたいと思ってます(本当です)ので、これからもどうかご愛顧下さい。
ではまた…。

C92、夏コミ新刊『Focusite No.02 旧尾去沢鉱山遺構群』のお知らせ&通販のお知らせ

暑い!…と、思ったが意外と涼しい今夏ですが(当社比)、皆さまいかがお過ごしでしょうか。
そうです、またこの季節です。コミケの季節!
というわけで、今回も参加が決定しておりました夏コミ新刊のご案内です。
前回より『廃録』から『Focusite』として、大きく版型を変更してお送りしております廃墟調査探索・史料写真集(と言う名の特急や飛行機の中で配られてる雑誌リスペクトな本)ですが、今回はその『Focusite』の第2号となりました。
特集するのは東北の巨大廃鉱山、尾去沢鉱山です。

  • 新刊情報

a001
東北は鹿角市の山辺に存在する廃鉱山、尾去沢鉱山。
遥か1300年前に発見されたというそれは現在その長い命を終え、まるで古代の都市遺跡のような姿を我々に見せています。
_DSC2291

_DSC4689

_DSC1786
鉱山に関連するほとんど全ての施設が残っている尾去沢鉱山は、エリアごとに様々な廃墟の姿を楽しむことができます。
IMGP8090a

_DSC2362

IMGP8215
『Focusite No.02 旧尾去沢鉱山遺構群』は、そんな尾去沢鉱山の誕生から廃止までの経緯、現役当時の史料などを交えながらその魅力を徹底解説します。


  • 内容
大きく分けて2部構成です。
まず前半では、尾去沢鉱山の歴史や経緯をサクッと読みながら、現在観光坑道として開放されている部分を解説し、さわりを掴むことが出来ます。
a002

そして、後半ではいよいよ探索本編。
あまりにも巨大であるため、5つのエリアに分けて尾去沢鉱山を探索していきます。
a004

a003
そして、今回はちょっとした試みとして幕間に「コラム」も入れて見ました。
北海道の廃墟勢や炭鉱スキーには有名な絵師さんでおられます、麻桜氏(Twitter:@Mao_0922_113 )に協力を依頼し解説用のイラストも入れてみましたので、お楽しみいただけたらと思います。


  • その他、おしながきなど
当日はこの他にも、前回大変好評をいただいた『Focusite No.01 旧和賀川発電所遺構群』(東北の廃発電所)、既刊の『廃録 Vol.4』(函館の近代建築系廃墟特集)、『廃録 Vol.3』(羽幌炭砿の廃村となった街特集)も持って行きます。
おしながきを載せておきますので、ご参照下さい。
おしながき
なお、いつものごとく会場限定でペーパーも置いておきますので、そちらはご自由にお持ち帰りください。

今回のサークルスペースは、東5ホール。オナジミサン。
久しぶりの島中になりました。混雑するとは思いますが、8月12日(土)東5、マ-34bにてお待ちしております。

DB3uNmyUAAAgaey

↓このポスターが目印です!
A1縦


  • 通販は?
いつもの通販ですが、今回もCOMIC ZINさんにて委託販売&通販をしていただけることになりました。
もし会場へ行けないけど欲しいという方がおりましたら、8月12日以降に製作されるリンクから通販にてご購入いただけると非常に幸福です。
以下からどうぞ
http://shop.comiczin.jp/products/detail.php?product_id=33239



最後に、コミケWebカタログのページも貼っておきます。
見られる方はこちらもどうぞよろしくお願いいたしますね。 

長々と書き連ねさせていただきましたが、もし興味がありましたら、この夏はなにとぞ当サークルへお越し下さい。…待ってます。
それではまた。 
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索
  • ライブドアブログ