主に北海道の廃墟と歴史民俗事象を中心に探索撮影しています。(半ば自分用の備忘録も兼ねています) 
重要↓
当サイトでは主に廃墟と墓地を中心に扱っておりますが、どちらも郷土史研究、または美術性、雰囲気を楽しむものとしてまとめているもので、オカルトもしくは肝試しと言った目的意味合いを一切持っておりません。閲覧の際はご了承下さい。
また、文章や画像の無断転載はおやめください。


【2017年、最近のお知らせ】
・1/2 コミケ帰りにさっそく2017年廃初め。
・1/28 札幌方面廃墟プチ遠征
・2/18 道央方面廃墟遠征
・2/25 千葉廃墟遠征の旅。カステラの土産はもう要らない。
・3/18 東北方面廃墟探索・調査
・4/22 ここに並べていた「2016年の主な活動」をひとまとめにしました。
http://hanatare-ruins.doorblog.jp/archives/51937720.htmlからどうぞ。
・5/3 中国地方廃墟旅。もうしばらく山陰山陽には行かなくて…いいわけねえだろ!(帰投後も続々現れる新物件)
・6/17 夏コミ用資料収集も兼ねて秋田山形廃墟旅(兼ねるとは)
・6/24 北コミティアも兼ねて道東廃墟旅(兼ねるとはその2)

旧神山町立左右内小学校

四国お遍路の最中たまたま見つけた物件になる。

なんとも鄙びた雰囲気の路地脇に見えた木造の建物の影。石垣に開けられた坂道を登ってみると、そこには廃校がありましたとさ。
P1040496
四国まで来てなにやってんだかだけど、気になるものは気になる
時間もないので手早く取材したいところだが…

なんだか廃校らしからぬ人気を感じる
校庭にいたおじいさんとおばあさんにお話を伺うと、校内で「小さなバレリーナ」の写真撮影会を催しているのだという。

車いっぱい停まってるね
P1040514
「撮影会の邪魔にならないように」の条件付きで見学許可がおりたのでさっそく潜入開始
※もちろん私はお遍路さんの白衣装備です

うおなんじゃこりゃ、廃校らしからぬ人の多さ。そして「小さなバレリーナさん」もいっぱい
P1040510
可憐な妖精を撮るのに夢中なキャメラマンさんもいっぱい

紹介が遅れたがこの学校の名前は「左右内(そうち)小学校」
徳島県は焼山寺への参道が始まる道のわきにある。自然豊かな場所だ。

先の通り、普段使っているらしい通用口は人だかりがすごいので二階から入ります
P1040498
ここから体育館と二階へ通じる階段へ

体育館
P1040499
廃校における体育館のそのまま状態での生存率は異常。

非常階段は二階へ続く。
が、出たところがバレリーナたちの着替え室にあてがわれた部屋だった。
…なんだこの気まずさ。
P1040500
あやうく変質者にされるとこだったぜ。お遍路さんに優しい土地でよかった。

現役時代は玄関だったようだ
P1040501
この写真だけ見るといかにも閑散とした感じだが、実際のところ、後ろにはたくさん人がいる。

「お遍路さんが見えましたよー」っとおばちゃんたちの歓迎の声と、「何だよこいつ・・・」というカメラマンたちの冷たい目線が入り混じる廊下。
…何やってんだろう自分

図書室を発見した
P1040506
三脚無し、時間も無しの状況で撮影はつらい

もう少し暗さを多くして撮りたい
P1040509
コンデジじゃ一層厳しいなあ

失敗作
P1040508
素材は素晴らしいのになあ
暗さとピント合わせ、構図。なにからなにまで未熟すぎる。

三脚をください それと「なにやってんのこのお遍路さん。もう閉めるですが」的な目線もやめてください…

もう一回ゆっくり行きたい。
四国も御多分に漏れず廃校が多数ある。回ってみたい
P1040512

珍しく「場違い」を感じた廃校探訪でした。

百井分校 再訪

以前思うように撮れなかった反省と、もう少しゆっくり空気を楽しむために百井分校、再訪してきました(思い立ったら早い。相変わらず)
もう夏なんだしいいよね。 夏は短いのんだから、楽しまなくては。(残念、内地は長いんだよ)

今回は時間帯を夕方を選んだ
P1040330
数ある廃墟ジャンルでも自分は特に廃校が好きだ。

ヒグラシの鳴き声が、裏山から届く。いつだって簡単に消えてしまいそうな響き。 音だけではなく、その存在も、時間も
そこにあるものすべてを包み込んで。
P1040328
相変わらずちっぽけな教室

P1040348
何回やってもゆがむ廊下の写真
廊下自体がねじれてるようには思えなかったのだが…

例の体育館
P1040347
20mシャトルランも満足にできるか疑わしい

P1040350
察するに、最後の年はこの「土居学級」と「6年生」の教室しか使われてなかったのでは・・・

もう一つ撮ってみたかった構図
P1040336
三脚の高さが足りない!
生身でのズームフォーカス撮影ではこれが限界だった くそう。

写真も撮ったので、日没まで中でゆっくり過ごす。廊下の入出口がどちらも開けっ放しなので、風通しはいい。 草と土の匂いが教室にも入ってくる。
P1040351

さて、次はどこに行こうかな…

京北町立黒田小学校

先週、京北町内の廃校にお邪魔させてもらった。
京北には名産の北山杉を使った真新しい小学校があったが、これは数年前統合された際に建て直されたもので、今回訪ねた黒田小学校はその時並行して廃校された。
P1040322
道沿いに建つコンクリート造りの校舎。

集落の規模には似合わないくらい大きい
P1040293
前に通りかかった時は閉まっており、「京北研修センター」の表札が玄関にかかっていたのでまあいつかあいているだろうと考えていた。
そのタイミングがこんなに早く来るなんて僥倖僥倖。 これも日ごろの行いの賜物ですね(棒)

しかし、いくら開いているからと言って勝手に入るのはしのびないので、柄にもなく大声で「こんにちはー!」と言ってみた。
P1040308
まったく返事がない。
が、階段の上からなにやら話し声が…

P1040321
僕の靴じゃありませんよ。
 
P1040312
二階の教室では、なにかのセミナーっぽいのが開催されていた。声をかけると少し待つようにと。

しばし待つこと、一階に下りてきたのはさきほど年齢と敬称のことについて(?)熱く語っていた男性と少し顔が濃い若者たち。
事情を話し、見学させてほしいと申し出ると快く取材を受け入れてくれた。

以下は、ここを管理している黒田自治会長:江後さんが話してくださった内容である
P1040295
ここが閉校されたのは今から10年以上前の1999年のことだという。

職員室
P1040297
たいていの廃校はその後あまり使われることもなくただの骸となって朽ちていくが、この集落はかなり根が座っていた。

廃校の危機に瀕した地元の学校を残そうとする運動が湧きおこったのだ。
P1040298
学校は地域の活気を興す基礎となる場所。
過疎がすすむ山村だったが、それだけに活動も活発だった。

市内からこの土地へ移ってきたある人が有志を募り、田舎暮らしを望む若い夫婦へ使われていない家屋を格安で提供した。
P1040299
自治会とその努力により、一時は廃校の話題がかすむほど児童数が増えたときもあったという。

しかし結局力及ばず、こうして廃されたものの一員となってしまった
P1040300

それでもただでは折れない自治会
P1040307
「京北研修センター」と名を変え、廃校された年からすぐにさまざまなイベントに使える公共施設へとシフトチェンジし、今なお半分現役施設として生きているわけである。

ただ、老朽化のため二階の廊下が少したわみ、一階も多数ガタがきているのであまり大きな顔をして使うことはできないんだそうな。消防法め。
P1040306

ひでよ
P1040301
怖いよ

地元のお祭りなどで使うらしい
P1040303
校舎は夏の間子供たちの宿泊施設や、お祭り自体の催し物の母体としても活用されているそうだ。

もう一つ空き教室があったが、今夏から祇園祭の山の一時保管と調査に使われるらしい
なんの山かは聞きそびてしまったが山鉾巡行の翌日から搬入されるとおっしゃっていたし、今頃大にぎわいだろう。
校舎は夏の間、研究で訪れる大学生たちの良い塒になるだろう。

コンクリづくりの廃校も独特の雰囲気がある。
P1040302
私たちあたりが、冷たさの中に人臭い雰囲気のあるコンクリ校舎を知ってる最後の世代かもしれない。

今の学校建築も公共物も、ヘタに暖色系というか介護施設的な雰囲気が濃くて好きになれないのだ。
それに比べて、ペンキをはがせばひび割れまくりで、ひんやりとした空間に何者かの存在感があるコンクリ建築。 学校、病院、公民館etc なんて素敵なんだと思う。

話を元に戻そう。
本日も、研修センターとして活用の時分であったと江後さんは語る。
P1040310
とんぼが迷い込んでいた。

最近は研修期間をへて日本企業へ就職する東南アジアあたりの人が多いが、今回はそんな人たちの寝泊りと教育の場として使っていたのだと。
P1040314
どおりで顔が濃かったわけで。

使わず腐らせるより、どんどん開放してみんなで使ってあげるほうが学校だって喜ぶに決まってる。
P1040313
もともと学校はそういう場所なんだもの。

廃墟趣味をやってると、人の記憶から消え去った廃校なんてのも数多見ることになる。
廃村の廃校ほど悲しいものもない。
P1040318
けどこの集落の人たちなら大丈夫だ。

転んでもただでは起きない。
故郷を絶対に死なせない。黒田集落の人々の気概と郷土愛を私はみた。
それが有る限り… きっと大丈夫だ。

昔は日本の子供たち。
今は異国の研修生たち。
この学校は変わらず人の努力を見守っている。
P1040294
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索
  • ライブドアブログ