主に北海道の廃墟と歴史民俗事象を中心に探索撮影しています。(半ば自分用の備忘録も兼ねています) 
重要↓
当サイトでは主に廃墟と墓地を中心に扱っておりますが、どちらも郷土史研究、または美術性、雰囲気を楽しむものとしてまとめているもので、オカルトもしくは肝試しと言った目的意味合いを一切持っておりません。閲覧の際はご了承下さい。
また、文章や画像の無断転載はおやめください。


【最近のお知らせ】
・1/2 コミケ帰りにさっそく2015年廃墟初め。
・1/18 ここに並べていた「2015年の主な活動」をひとまとめにしました。
http://hanatare-ruins.doorblog.jp/archives/51911446.htmlからどうぞ。
・4/20 いい加減ブログのデザインやアーカイブをわかりやすいようにしようと思い、いじくってはうまくいかず元通りにすることを繰り返している。もう外注しようぜ…。
・5/3~8 実に3年ぶりの瀬戸内の風。中国・四国廃墟遠征敢行。
・8/11~16 夏コミついでに北関東&長野廃墟遠征(ついでとは)
・9/16~20 再度の岡山・中国地方遠征をするつもりが台風の影響で急遽東北へ変更。10月の予定だったんだけど、まあええわ。

2015年夏コミ参戦決定

今年もこの季節がやってきたので、一応告知。 
冬は参戦を見送りましたが、夏コミは出る気マンマンだったので申請したところ、運よく当選しました。

C88、一日目 金曜(2015年8月14日)
スペースは東メ-04aになります。 

B0400 (2)1a

内容は去年と同じ、北海道の廃墟の写真と史料、解説集。
新刊は北海道の炭鉱特集(それ以外のジャンルもたくさんいれますよ)になりそうです。 
既刊も洲原村診療所特集とか謳っておいて全然特集してなかったのと、色々手直ししたい箇所があるので増補改訂します。
値段や仔細はまた後で改めて告知することでしょう。 

くわしくは、サークル.MSさんのネットカタログをどうぞ。
https://webcatalog-free.circle.ms/Map/Hall?day=Day1&hall=e456#メ04a
https://webcatalog-free.circle.ms/Circle/11904855


最後に一言
…なんで配置、廃墟島でないし!

家紋調査 旧上磯町三ツ石地区墓地

今回は津軽海峡に面した北斗市(旧上磯町)は三ツ石地区の墓地を調査。
こちらも地図には掲載されていない。…国土地理院のさじ加減はいつだってよくわからない。


三ツ石の地名の由来は、『蝦夷実地検考録』によれば海岸にあった3つの石からだとあり、『上磯亀田郡各村沿革史』にも同じことが書かれているがなんとも後付くさい。
北海道で「三ツ石」といえば、日高地方の「三石町」のほうが有名なのでそっちに何かヒントがあるかと思い調べてみると、『初航蝦夷日誌』では同じ由来が、『北海道蝦夷語地名解』ではアイヌ語の「エマニッウシ(魚を焼く串)」など諸説あるとか。
つまりハッキリはわからないということなのだった。うーんもやもや。

集落の歴史としては、今でこそ所属自治体は北斗市(旧上磯町)であるが、江戸時代頃までは現在の木古内町の泉沢村、釜谷村の枝村のようなものだったらしく、そのため住民の苗字に類似性が見られる。
三ツ石が完全に上磯の管轄に入る道へすすむのは明治14(1881)年に石別村の一部になってからだ。
釜谷と三ツ石の間には2~3㎞ほど、海岸段丘の道なき道があるのでそりゃ別れるわなと思う。

さて、墓地のお話に戻ろう。
現場は、トラピスト修道院へ向かう道脇に存在。
・丸に並び鷹の羽
DSC_0539
鷹の羽家紋の中では、違い鷹の羽の次に多い。
使用家は西山さん。 

・丸に違い丁子
DSC_0543
丁子家紋の中ではもっとも多い。
大きな墓地になら1つはあるだろう。
使用家は北見さん。オホーツク海側の都市とはたぶん関係ない。

・丸に五枚笹
DSC_0547
笹家紋の一つ。割とポピュラー。
使用家は中西さん。

これは珍しい
・二つ糸松葉の丸に篠笹
DSC_0536 二つ糸松葉の丸に篠笹
わかりにくいと思うが、松葉を二つあしらって丸の代わりにした家紋である。
見本がこれ
3132a
道南ではここ以外でみたことがない。
使用家は松谷さん。

・丸に角九曜
DSC_0549 丸に並み九曜
九曜紋と言えば、円状に配置したものが第一に浮かぶがこれはあえて碁盤のように並べたもの。
こちらも現在、道南ではここでしか見たことがない。 
使用家は伊坂さん。 

20~30基の小規模なお墓だったが、なかなか手ごたえのある結果を得られて満足満足である。

毎度のおまけ。珍しい苗字のコーナー。
・郷六(ごうろく)
DSC_0542
仙台市内に「郷六城」という城址があり、それを築いたのが「郷六氏」だという。
陸奥国の武家として南北朝時代から戦国時代末期まで存続した「国分氏」の庶流であり、国分氏が伊達政宗に従うと郷六氏もそれに追随。姓も「森田」に変えた。
でもこうして残っているということは、そのさらに分家筋が生き残ってそのまま今にまで続き、いつの時代か北海道へ渡って来たんだろうな。 

家紋調査 檜山郡上ノ国町 中ノ沢地区墓地 

厚沢部町の墓地は残すところ富栄と、美和地区。
しかし、美和地区の写真は探索時間が夕暮れになったのもあってブレまくりであり、富栄地区は別の時期に改めて行ったため、探索順に更新していくというポリシーに反するので、とりあえず一旦置く。
分かりにくいとは思うが、よろしくお願いしたい…。


というわけで今回は上ノ国町の山中に点在する街、湯ノ岱の一集落・中ノ沢の墓地である。
実はこのお墓は、地図に一切記載がされていない。(国土地理院のものでさえ) しかも、場所が「わかりにくい」ため、周囲の道を通るだけではまったく気がつかない、ある意味とてもレアなお墓だ。
私がここの情報を得たのはこの地域の民俗調査報告書からであり、それさえなければおそらく絶対に知りえなかっただろう。

さて、ではなぜわかりにくいのか。
以下の写真をみてもらいたい。これは中ノ沢地区墓地へ向かう道中だ。
DSC_0555
なんとこの墓地、周りに道や民家が一切なく、辿りつく方法が「線路を通る」しかないのだ。
「湯ノ岱」といえば、そっちの業界の人ならすぐにピンとくるだろう。2014年に廃止された旧江差線の駅があり、構内で行われるタブレット交換の風景が有名だった場所だ。
中ノ沢地区はその湯ノ岱駅と神明駅の途中にあり、戦後開拓でひらかれた土地なのだそうだ。
なぜお墓がこんな立地になったのかはわからない。今でこそ江差線は廃止されたが、昔は多くの列車が行き交っていただろうに。お盆の時期なんてどうしていたのだろうか…。

現場付近に着いてもなお、どうやって行くのかよくわからず、近くでまき割りをしていた老人に道を尋ねると「そこを歩いてけ」と指をさされる。
「そこ」…
DSC_0554
いや、思いっきり鉄橋やん… 逃げ場ないやん。
廃線になった後で本当によかった。

慣れない砂利道に膝と足の裏を痛めながら、半信半疑でしばらく進むと、たしかにお墓の姿が見えてくる。 
中ノ沢地区墓地だ。
DSC_0556

小さな山の街の、さらに枝沢の集落のため、墓の基数はごく少ない。
DSC_0557
家紋も、苗字も取り立ててあげるべきものはなかった。
結局、ここの調査は私独りの度胸試しに終わったのであった…。楽しい!(楽しい)
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索
  • ライブドアブログ