休みを利用して、久しぶりの廃墟探索に出掛けました。今回の目的地は…八雲町は黒岩中学校。片道100キロ越えの旅路。知人の学芸員氏のツテをたどる。
道民にとって100キロちょっとの道のりは「ちょっと近所へ」という感覚なので別に大したことではないのだが、少し天候が悪く風も強かったので、なかなか危険なドライブになってしまった。八雲は平野が多いので地吹雪になりやすいのだ…

今回尋ねた「八雲町」という自治体名は、言葉の響きからおわかりなように完全な和語地名である。
その始まりは明治11年、維新により家禄を失った尾張徳川家と藩主:徳川慶勝が、新天地を夢見てこの地へ移殖した際にスサノヲの詠んだ和歌「八雲立つ 出雲八重垣 妻籠みに 八重垣つくる その八重垣を」から取ったことに由来する。
彼らの努力の甲斐もあり、現在では道南最大の面積を持つ一大酪農地である。

そんな八雲町の中でも、隣の長万部町に接続する黒岩地区。酪農よりも漁業が盛んな海沿いの土地だ。
ここに残るのが黒岩中学校である。国道沿いだが林に囲まれているため目立たない。
DSC_1187

では行きます。
門柱って寄贈するものなのか。
DSC_1185

隣に現役の小学校があり、その敷地内ということになっているのかある程度の雪かきがなされている。
堅雪で歩きやすい。

正面
DSC_1184

黒岩中学校は昭和22年5月に「八雲中学校黒岩分校」として、黒岩小学校に併置されたのがその初まり。
翌23年4月に独立して「黒岩中学校」になった。当時は小学校長が兼任で、28年6月に専任校長が就任した。
31年6月に小学校が建て替え独立し、中学校は完全な独立校となったが、この校舎はすでに老朽化が進んでおり移転移築が望まれていた。38年、国道5号線の拡張工事によりようやく移転が実現。翌39年、今に残る木造平屋建て822.36㎡の校舎が完成したのであった。
昭和40年頃まで全校生徒数は100人を超えていた。しかし、時代と共に徐々に生徒数が減少というお決まりのルートに陥り、平成16年ついに閉校と相成った。

アレが黒岩小学校。
DSC_1167

生徒玄関。
しかし板で閉鎖されているので入れない。
DSC_0861

校章
ペンの意匠?
DSC_0862

雪に埋もれた校庭と記念碑。
エゾマツと風雪は北海道の原風景。
DSC_1182

教員住宅かね。
DSC_1178
奥の青いものは小学校の施設。

このところの暖気で屋根の雪が落ちて硬く締まっているので、歩きやすい。
DSC_1175

ここは水飲み場の跡地らしい。 正面は体育館。 右手に廊下。
DSC_0871
おお全面板張り。

左手はトイレか。
さすがにここはコンクリ床。
DSC_0876

寒そうなトイレだ。
DSC_0879

トイレ一つ見ても、趣き深い。
あの戸板、実にいい。
DSC_0882

もがり笛が絶え間なく響き渡る。
DSC_0885
ボットントイレらしいあの饐えた臭いはしない。

最後に交換されて、何年経つのだろうか。
DSC_0886

体育館と教室棟への分岐点。
卒業製作がいたるところに飾られている。
DSC_0888
なんだかなあ…

廃校に来るたび、廊下に魅せられている気がする。
DSC_0891

校長室らしい。
廃校につきものである歴代校長の集いはなかった。
DSC_1132

漁村らしく魚拓が飾られている。
DSC_0901

新聞の切り抜きが張られたままになっている。
DSC_0905
地引網は私の母校でも恒例行事であった。

お、木彫り熊か
DSC_0908
北海道のお土産として有名なこの木彫り熊。 実はこの八雲町が発祥の地である。
先述の尾張藩士たちだったが、慣れない農業と原野の開拓には想像を絶する苦難が伴い、満足な収穫がないまま冬を迎えてしまうこともしばしばであったという。
そんな惨状を見た当時の尾張徳川家当主:徳川義親が、冬場の収入源として考案したのがこの木彫り熊だった。徳川義親は大正13年にスイスへ旅行し、この時購入した木彫りの熊を工芸品として生産販売することを提案したのだ。 東北や北陸に発達した副業的伝統工芸と同じ発想である。
学校教育でこいつを彫るというのもわかる話だ。郷土の誇りってやつよ。

なんとなくこの曲線がいい。
モダン。
DSC_0912

雪の照り返しが強いので、ちょっとした露出の度合で色合いまでまったく変ってしまう。
DSC_0920

隣は放送室か。これは面白い設備。
DSC_0897

なにやら良くわからないタグが大量に
DSC_0926

奇抜なポスター。でんきほあんきょ~か~い(ご当地CMソングです)
DSC_0927

放送室というより、資材室?
DSC_0931

奥は休憩室らしい
DSC_0949

生活感がする。
昔は宿直室としても使って居たのだろうか。
DSC_0951

職員室。
教室棟では最も物が残って居る。
DSC_0934

どちらがお好み?
DSC_0935
現実は前者の方が近い。

鍵も資料もそのまんま。地域事業でも既に使っていないようだが、大丈夫なのか?
DSC_0938
調べてみると、廃校になった年に賃貸料月3万円で借り手を募集したそうだが結局誰も手を上げなかったそうな。もったいない。

最後の予定表。
一見感傷的だが… 教頭先生に一体何が
DSC_0940

女の子の字?
DSC_0943

記念文集と指導用資料が散乱。
DSC_0944
『国民の歴史』 面白そうな本じゃないか。

床に散らばる紙類 其の中には生徒作品やポスターも
DSC_0945
宿泊研修かなにかで行ったのだろう。

中学校でこのグラスはいいものだろうか(いいんです)
DSC_0946

窓口。職員兼業務玄関
電話線がいまだに生きていることに驚いた。
DSC_0947

いい棚だな。
博物館や図書室に入れると映えるぞ。これは。
DSC_0948

廃校の窓辺はいつも物悲しい。
DSC_0952
消火器が無事に残って居る。荒らされていない証拠だ。

中学生で「こころ」とはやるのう。
DSC_0953

廊下から体育館が見える。
あちらはさすがに鉄筋コンクリート製。
DSC_0955
昭和43年12月の完成である。

これも卒業製作かな?
ちょっと怖いぞ。
DSC_0958

職員玄関。今は締め切り。
DSC_0961

学校のポストはどこでも腰がやたらと低い。
百井学校でも、ねぎらいの言葉が並んでいた。
DSC_0963

なんとも木のぬくもりに包まれた建物だ。
DSC_0973
すり磨かれた床板の味。

文字数の要領の関係で分割します。
その2へ続く…
http://hanatare-ruins.doorblog.jp/archives/51812779.html