江戸時代中期から明治大正にかけて、北海道で最も大きい産業はニシン漁業だった。

 米のとれない北海道で何故松前藩の経済が回ったのかと言えば、豊富な海産資源があったおかげに他ならず、その中でもニシンは毎年100万トン近い量の漁獲高を誇り、江戸時代中頃から肥料の一種である鰊粕の製造が始まると北前船の輸送力と結びついて莫大な利益をあげるようになった。

 江戸時代に採取された話にこんなものがある。
 「ニシンを普通漢字で書くと『鰊』となるが、蝦夷地においては『鯡』と書く。
 米が育たない松前では、ニシンこそが米だ。ニシンは魚ではなく米なのだ。 だから『魚』に『非ず』と書くのだ」
 ニシンは3月から5月にかけて、産卵のため日本海側の沿岸部に現れるので「春告げ魚」と言い、その大量の群れでやってくる様は「ニシンが群来(くき)る」と言った。
 春になると漁場の親方や網元は毎日浜に立ってニシンが群来るのを待った。そして、沖合に鯨やカモメの群れを見つけると、子方連中を我先にとその下へ向かわせた。 これがニシンが群来た合図というわけである。

・明治大正時代の留萌郡鬼鹿村での鰊粕天日干しの様子↓
0B023510000000003
 地面の上に敷いてある粒状の物体全てがニシン。 この写真のように漁場近くの浜辺がすべてニシン干しで埋まってしまい、これ以上空きがないのにまだ干し終わってない分があるという事態もよくあることだった。


 この時期の漁場はまさに修羅場そのものな想像を絶する忙しさで、なにしろ一度網を入れるだけで山のようなニシンが獲れるのだから、それを捌くのも干すのも一家総出でこなさなければならなかった。 一年のほとんどの収入がこの時期の働きで決まるのでみんな死に物狂いで働き、食事の時間も削るため、おにぎりを頬張りながら働いた話や、豊漁の年にはしばらくろくに寝ずに働かなければならなかったという話も残っている。 北海道太平洋沿岸からはおろか、津軽や南部衆さえも出稼ぎとして漁場に出ており、住民がお金を借りるときの証文には「獲れたニシンを納めますので、返済は6月まで待ってください」が常套句として使われた。 春に人が亡くなると、葬式もあげずに一度仮埋めしておき、ニシンが去ったあとの6月から7月に改めて行っていた。
 生活の全てがニシン漁を中心に回っていた。

 そんな重要な仕事だったわけで、誰もが豊漁を願ったからだろうか。 ニシン漁場にはいつの頃からか一風変わった禁忌が生まれた。
 ニシンの漁期には七つの忌み言葉があり、漁師は絶対に使ってはならず、もし言う場合は次のように言い換えなければならなかったという。

・シカ…角あるもの
・イワシ…こまもの
・クジラ…えみす (えびす)
・マス…夏もの
・ヘビ…ながいもの
・キツネ…いなり
・ヒグマ…山の人、山のおやじ

 これらはすべてニシン漁に不吉なものとされたそうで、もしも誤って口にしてしまった者にはとんでもない仕打ちが待っていた。

 例によって菅江真澄の『えみしのさえき』、寛政元(1789)年5月26日の記録から。
 真澄が太田権現に参詣した帰り道、会泊:現在の乙部町字栄浜や元和のあたりの商家で休んでいる時、最近までニシン漁場で働いていたという男から聞いた話である。

 「…いつも魚つぼ[なつぼ]と言って、獲ったニシンを砂の中に掘ってうずめておく習慣が漁場にあります。
 今年も新参のニシン獲りが津軽から来たが、例の術策にかかって、ロウカと言っている仮小屋から出てきたとき『魚つぼのニシンを狐が掘って食べやしないか』と何の気もなく言い誤ると、これを待っていた先輩たちがさっそく『これは忌み言葉を犯した。さあ大変なことをしでかした』とこの新参者一人をアト網というものに包んで荒砂の上を引きまわし、潮を汲んでその体に注ぎかけながら練り歩き、大勢にはやされてひかれながら引きまわされるので、新参者は生きた心地もなく、いくら詫びても耳にも入れてくれず、ついには海に放りこまれて命も失うほどでありました。
 毎年ニシン場に来慣れている者でさえ、まま忘れてはこの忌み言葉を犯してしまいます。それでなくてもわざと『海に潮吹くものはなにか』、『山に角の生えてあるものはなに』、『草むらにいるものは』などと問うて、これを言い誤らせようとして若者たちが慰みにするので、新参者はどうして言わずにすませられましょう。
 このニシン場ほど賑わしく楽しいところはないが、今年のようにニシンの群来ないことは百歳にもなる老人さえ知らないとのことです」

(『菅江真澄遊覧記(2)』より []内筆者註)


 また、往路の平田内:現在の八雲町旧熊石町字平田内では住人からこのように聞いている。

 「…これ[忌み言葉]を犯したものは、男でも女でも腰に大綱をつけて大勢でよりをかけ、引いて歩いたり、ある者は海に放り込んで、荒潮の辛い目にあわせるのです。
 これを逃れるためには酒をたくさん買って皆に飲ませ、砂地に額を擦り付けて詫びると言います」

(『菅江真澄遊覧記(2)』より []内筆者註)


 忌みを犯した者に苛烈ともいえる制裁を加えるのは穢れ祓いの意味があると思われるが、漁場の男たちはいつしかこれを酒をせびるネタにしたのか、意地悪にも後輩や同僚にわざと忌みを犯させるようしむけていたようだ。
 またアイヌ民族のサケ漁でも同じような忌み言葉があり、現代でも山仕事や漁業に携わる人々には守らなければならない禁忌がたくさん残っている。
 これは危険な仕事に従事する上で少しでも不慮の事故や凶事を防ぎたい心の表れと言えよう。


 ニシンが群来ない限り暇などころか明日の食い扶持に困る事になり、群来たら群来たで寝る暇もない忙しさに晒される漁師たちにとって、この風習は厳しい仕事の中で生み出したせめてもの憂さ晴らしだったのかもしれない。



参考文献
・菅江真澄 (内田武志、宮本常一/編) 『菅江真澄遊覧記 (2) 』 平凡社 2000年
・江差民話研究会/編 小林優幸/著 『江差百話 江差の民話・伝説・史話』 江差民話研究会 1993年
・アイヌ民族博物館/編 『アイヌ文化の基礎知識』 ㈶白老民族文化伝承保存財団 1988年
・堺比呂志/著 『菅江真澄とアイヌ』 ㈱三一書房 1997年
・北海道大学図書館蔵 『悠紀斎田御用鰊粕製造所ノ景(留萌郡鬼鹿村) 3 / 栂野(留萌)』 (写真)