江差町内厚沢部川下流域の越前地区、中網地区、小黒部地区の墓地家紋調査です。
越前と中網の地名は行政的にはどちらも昭和59年の地番改正で付けられたものだが発生自体は古い。

鰔川地区から川沿いに越前集落へ抜ける道中、風力発電の風車が見える。
DSC_0634f
田んぼの真ん中に唐突に風車が生えているという景色はなかなかシュール
鉄塔なら見慣れているのだが

さて、本題。まずは越前地区から。
前記事でも述べた通り越前地区は鰔川村に含まれていた場所で、地名は江戸時代の安政頃にこの地へ越前国からの入植者が多かったことで自然発生したそうだ。(近くにそれに関係して「問屋」という地名もある)
今でこそ厚沢部川流域は広大な水田耕作地帯になっているが、幕末まで住人は炭焼きとニシン漁の季節労働で生活しており、安政年間の入植も水利が困難で頓挫し、結局耕作地が増えたのは明治になってからのことだとか。
DSC_0635

・丸に渡辺星
P1160055
おなじみの家紋。
使用家はやはりというか渡辺さん。 この家紋ほど、使用する家と苗字が完全に固定されているものも少ない。

・源氏輪に並び鷹の羽
P1160057
寄木家紋のようだが、ところどころで見かける組み合わせ。
使用家は木下さん。

・丸に松皮菱
P1160059a
こちらもおなじみ。
使用家は笠原さん。

 
続いて中網地区の墓地。
中網地区は元は小黒部村内の集落であり、松浦武四郎の『廻浦日記』によれば小黒部村の項目に「中アミ村、人家少し有。処々え[ママ]散乱す。村内稲荷の社有と。祭礼は十二月十日のよし承りける」とある。村名の由来は厚沢部川で鮭の刺し網漁が盛んだった頃、このあたりが上・中・下三ヶ所のうち中の刺し網場所だったからだとか。
DSC_0636
「泉」と「長尾」という苗字が多かった。

上ノ国の墓地に見られた境界の木らしきものがここにも 
P1160064
これは桐だろうか?

・丸に細九枚笹
P1160061
笹と言うより照葉樹の葉に見える意匠。
使用家は長尾さん。

・雪輪に三つ銀杏
P1160066
寄木家紋のようだが、家紋辞典に個別に収録されている。
使用家は泉さん。

おまけ。珍しい屋号のコーナー
・リョウカギシメ
P1160063 リョウカギシメ
上下の「両」方に「カギ」がある「〆」
だからリョウカギシメ。まるでとんちか江戸時代の謎かけ看板である。
使用家は泉さん。その家族の中でもおじいさんしか読み方を知らず、患っておられた。 お墓や器物に屋号が残っていても、読み方がわからない…という事態がいずれ、いや今もう始まっていることだろう。


最後に小黒部地区の墓地。集落中央部の大円寺裏手に存在する。
DSC_0638
小黒部地区は隣接自治体の厚沢部町へと接続する場所で、江差町の北東の端に位置する。「おぐろっぺ」と読み、アイヌ語の「オクロクペ(座って水を飲むところ)」に由来するそうだ。そこそこ難読。
夏原家文書によれば大円寺は安永七(1778)年の創立で、古くは利益庵と言う寺名だったが現在は先の名に改号されている。江差町本町にある正覚院の末寺である。

如意輪観音さん。
P1160070
木立に邪魔されて微妙に確認できなかったがおそらく大正年間のものか。

・丸に亀甲に四方花菱
P1160074
そこそこ見かける…のだが、地味すぎてよく記録し忘れる類の家紋(おい)
実際あまりにも多く見かけるもの(違い鷹の羽、三つ葉柏、隅立て四ツ目、花菱、木瓜など)は適宜省いているので、仕方ないね。
使用家は紺野さん。

・丸に剣片喰
P1160075
こちらも例によって省略してしまいがちの家紋。
使用家は江口さん。

以上、そこそこ大きい墓地だったがめぼしい家紋は見受けられなかった。

終わりに、この墓地では江口、紺野、檜山という苗字が多かったが、こんな珍苗字も存在した。
P1160080
「かむかい」と読むらしく、全国に10軒ほどしかないそうな。(あんまり信用できないソースだが)


今回まとめたお墓の位置情報です。

より大きな地図で 墓地 を表示

 


より大きな地図で 墓地 を表示



より大きな地図で 墓地 を表示