いろんな意味で長らくお待たせしました。
今夏のコミックマーケット88で頒布予定の新刊、そして既刊の増補改訂版が無事に完成いたしましたのでお知らせいたします。


まず、新刊。
『廃録 Vol.2』です。

2表紙a

北海道の道央は夕張、三笠を中心とした旧産炭地の炭鉱、学校、病院などの廃墟を、その経緯と現在の姿を文・写真を交えて紹介する廃墟写真資料集になります。
本当に炭鉱を研究している人の足元にも及びませんが、今回は一応、幌内炭鉱がメインです。なにせ幌内炭鉱の記事だけで主文が7000字以上あります。なので、それなりに読める本のはず。
Vol.1からさらにページ数が増えて44P、もちろんフルカラー(新聞史料はモノクロだけど)です。 
以下、サンプルになります。
sanp1

anp2

anp3


次に既刊の紹介です。
昨年頒布した『廃録 Vol.1』ですが、洲原村診療所特集と謳っておいて大して特集してなかったのと、手直ししたい箇所がたくさんあったため、この機会だと思い切って増補改訂 しました。
ページ数は36で去年と同じですが、大分内容が充実しました。 
メインの洲原村診療所(岐阜県)のほか、主に北海道道南地方の廃墟を、歴史的背景、経緯などを交えて解説する廃墟写真資料集です。

サンプルhyousi-omoteura

1サンプル1
1サンプル3
4


価格は新刊が¥1,200、既刊が¥1,000を予定してますが
今なら新刊と既刊増補改訂版を同時購入することでセット価格¥2,000になりますのよ奥様。

そして、同時に取り置き&通販のお知らせです。
会場に行きたいけど時間が厳しい、取り置きしといてほしい!というあなた。
欲しいけど会場行けない… というあなた。
事前に申し出があればどちらも対応いたします。

Twitter経由でこのページにたどり着いた方は私のTwitter垢のほうに
Twitterをやってない方、知らない方はこの記事にコメントでいいので
「取り置きして!」「取り置きしてあとで通販して!」とお伝え下されば
対応します。
ただし、通販はコミケ期間が終わった後の土日、8月20日ごろから順次発送いたします。
個人通販なので、基本的には連絡用メールアドレスやTwitterのDMを用いたヤ○オクのような取引ののち
レターパックなどで郵送する形になります。


それでは、半月後のC88、8月14日(金)東ブロック メ-04aにてお待ちしております。

準備会の謎裁量によって、何故か廃墟島から少し離れたあたりに配置されておりますので、お間違えのないようお願いします。というよか、来てください… ぐぬぬ